セミコンポータル
半導体・FPD・液晶・製造装置・材料・設計のポータルサイト

半導体製造装置、日本製・北米製とも再び成長軌道へ

|

北米製、日本製の半導体製造装置が再び上昇に向かっている(図1)。2020年7月におけるそれぞれの半導体製造装置の販売額はいずれも前年同月比、前月比ともプラス成長だ。北米製が前年同月比27.6%増、前月比11.8%増の25億9190万ドル、日本製が同22.6%増、同4.2%増の1879億6600万円となった。それぞれSEMI、SEAJが発表した。

日米半導体製造装置販売額

図1 日本製および北米製の半導体製造装置販売額の推移


これらの数字は全て3ヵ月の移動平均値を取っているため、過去のデータを反映することが多いものの、四半期ベースでの立ち上がり傾向は直近の月が移動平均値よりも大きく伸びたことを表している。SEMI会長のAjit Manocha氏は7月の北米製半導体製造装置の好調さを受けて「2020年の後半は強い2桁成長から始まった。この強さは、今日の世界で半導体産業の重要性を反映しており、長期的な産業成長のためのドライビングフォースとなるだろう」と述べている。

世界の半導体チップ産業そのものは、大きな増加傾向はまだ見えない。図2は、この1〜6月までの傾向を見るため、単月の推移を示したグラフである。昨年よりプラス成長が続いているが、足踏み状態に見える。力強いプラス成長には見えない。


世界半導体販売額の前年同月差/比

図2 WSTSによる世界半導体販売額の推移 単月で表している 出典:WSTSのデータをセミコンポータルが処理しグラフ化


現実の半導体販売額は、6月まで昨年同月よりもほぼ20億ドルプラスで推移している。2017年、18年のメモリバブル期にはこの3倍の金額が2年近く続いていた。むしろ、最近の伸びが今の半導体産業にとって健全なのかもしれない。伸びが大きければ大きいほど、その反動も大きいからだ。

参考資料
1. 2020年後半の半導体製造装置は減速する、要注意 (2020/07/28)

(2020/08/25)

月別アーカイブ

セミコンポータルはこんなサービスを提供します